我が家の毎月のお金の流れ 銀行使い分け術

スポンサーリンク

 

今日は、夫婦二人暮らしの我が家のお金の流れを紹介します。

夫婦で口座は何個もってる?我が家の口座管理方法
夫婦合わせていくつの口座を持っているのか?それぞれの口座の役割は?口座管理方法が気になったので我が家の口座と使い分けを公開!

お金の流れ相関図

我が家のお金の流れを図にしたのでご覧ください♪(色々変化しながら最近はこの流れになりました)

全て振込手数料が無料になる流れになっています。

①私の入金用口座(ソニー銀行)から支払いに必要な額+先取り貯金の合計額をまとめて全部ゆうちょ銀行に振り込みます。

②ゆうちょ銀行に振り込まれた中から先取り貯金分を楽天銀行に振り込みます。

③私の入金用口座(ソニー銀行)から特別費積立分を旦那のソニー銀行に振り込みます。(以前は特別費積立は④の分だけでしたが最近積立項目を増やしたので足りない分を振り込んでます)

④一部の仕事の収入が振り込まれる旦那さんの地方銀行から特別費積立分を旦那さんソニー銀行に振り込みます。

⑤ 特別費積立分(③と④の合計額)をあおぞら銀行に振り込みます。

振込手数料がかからない工夫

振込手数料が全て無料になるように、口座間の移動・使える機能は使って工夫しています。

地方銀行にしか入金されないものがあり、ATMも近くにないので普段はその地方銀行はネットバンキングを利用していますが、普通に振り込む場合は振込手数料がかかってしまいます。

→ソニー銀行のおまかせ入金サービスを利用して振込手数料無料でお金を移動しています。

【オススメの銀行】夫婦でソニー銀行を長年使って感じるメリット・デメリット!
おすすめのネット銀行。夫婦で愛用しているソニー銀行の実際に使って感じるメリットとデメリットを紹介します♪

 

また、私の先取り貯金も楽天銀行のサービスを利用すればゆうちょ銀行→楽天銀行の入金が手数料無料で行えるのでそちらを利用しています。

【おすすめの銀行】楽天銀行を使って感じるメリット・デメリット
楽天銀行を実際に使い続けて感じたメリットとデメリットを紹介します♪

 

ソニー銀行同士の振込手数料は回数無制限で無料&他行宛の振込も無条件で月2回まで無料なので、

この図の通り振り込みを行なっていくと、夫婦それぞれ毎月1回ずつ(合計2回分)無料分が残ります。

なので何か想定外の振込が必要な時にも安心です。

それぞれの口座の役割

地方銀行に入金されるもの以外の旦那さんの収入は基本的に全てゆうちょ銀行に入金されます。

この口座は入金・支払い口座にしているので、そこから家賃、保険関係、水道光熱費、カード類の支払いなど支払い系の全てがここから引き落としされるようになっています。

収入-支出がマイナスになって引き落とし出来ないことがないようにだけ注意していますが基本放ったらかしです。

残高に余裕がありすぎる場合などは送金が無料の私のゆうちょ銀行に移動→私の支払いにあてるor楽天銀行に移動したりします。

他口座の役割については下の記事からご覧下さい。

夫婦で口座は何個もってる?我が家の口座管理方法
夫婦合わせていくつの口座を持っているのか?それぞれの口座の役割は?口座管理方法が気になったので我が家の口座と使い分けを公開!

同じ銀行同士は基本的に振込手数料が無料なので、場合によっては図にないお金の移動もあったりしますが、大体の毎月の決まった流れはこんな感じです。

口座管理で気をつけていること

ここからは、口座の使い分けの記事で紹介した内容と同じになりますが、

夫婦で口座は何個もってる?我が家の口座管理方法
夫婦合わせていくつの口座を持っているのか?それぞれの口座の役割は?口座管理方法が気になったので我が家の口座と使い分けを公開!

お金の移動はATMに行かなくても全て自宅(ネット)で完結するようにしています。

また、上手く銀行のサービスを利用しながら振り込み手数料が全て無料になるよう工夫しています。

あとは、どちらか一方の名義の口座に貯金を集約してしまうと、一方に何かあった時にとても不便になるので(口座が凍結されて引き出せなくなったり)、それぞれに貯金口座(旦那は生活防衛費という名目で)を設けてお互いにある程度預金がある状態にしています。

 

持っている口座の中で割とシンプルな流れに出来たかな?と思います。

また何か変化があったら紹介します♪

タイトルとURLをコピーしました