【おすすめの銀行】楽天銀行を使って感じるメリット・デメリット

スポンサーリンク

 

 

我が家では楽天銀行を貯金用口座にしています。

以前は貯金以外の目的でもよく使用していたので、楽天銀行を実際に使って感じた良いところと残念なところを紹介します。

 

楽天銀行を使って感じたメリット

・普通預金の金利が0.1%

ゆうちょ銀行から無料で振込できるサービスがある

・現金プレゼントサービスというクリックするだけで現金が貰える神サービスがある

・振込手数料&ATM手数料がステージに応じて無料になる

・24時間即時振込に対応している

・対応しているATMが多い(セブン銀行・イオン銀行・ローソンATM・イーネットATM・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・ステーションATMパッとサッと・ビューアルッテ)

毎月自動振込設定ができる(決まった日に設定した口座に自動的に振り込みされるので忘れない)

・Pay-easyに対応している

楽天銀行を使って感じたデメリット

・振込手数料&ATM手数料を無料にするための条件が厳しい&キープするのが大変

(貯金用口座にしてるので今は特に問題は感じていませんが、普段使いしていた際は条件クリアのために残高を気にしたりステージが変わるので今月は何回無料かの把握など少しストレスでした)

ATMの無料回数に入金もカウントされる

→残高照会は無料ですが、出金だけでなく入金も回数にカウントされてしまいます

取引履歴(入出金明細)が過去2年分(最大3,000件)までしか見れない

→2年より前や3,000件を超える場合はカスタマーセンターに連絡して取り寄せなければいけません。また発行手数料もかかるそうです。

スポンサーリンク

先ほども言った通り私は楽天銀行を貯金専用の口座にしているので振込手数料やATMの手数料に関しては正直今はデメリットは特に感じていません。

利用出来るATMが沢山あるところは、よく引っ越しされる方や転勤族の方にもオススメポイントです。

(ATM無料利用回数分は)コンビニなどで24時間手数料無料でATMを利用できるのも嬉しいポイントで、夜間帯に行動することが多い方でも時間を気にせず利用出来るので安心です。

昔の入出金の明細を見たい時に2年前までしか見れないのは少しデメリットに感じます。

2年ってかなり短い気がします。(発行手数料をかけずに済ませるためには定期的に明細を印刷しなければいけないということになりますね…)

ソニー銀行では非対応のPay-easyを取り扱っているところや、毎月の自動振込設定が出来るのが嬉しいポイントですが、振込手数料やATM手数料においてやはりソニー銀行の使い勝手の良さには及ばず、普段使いはソニー銀行になりました。

よって、普通預金の金利が良いというメリットを活かして貯金口座になりました。

それぞれの銀行に良いところがあるので上手く使い分けていきたいです♪

タイトルとURLをコピーしました