フリードスパイク(ハイブリッド) 一般道路・高速道路での燃費

スポンサーリンク

 

我が家の自家用車はホンダのフリードスパイクです。(現行モデルで発売されているフリードプラスの前モデルです)

近年のキャンプブームによりキャンピングカーの売り上げが伸び、車中泊をする方も増えているようです。

キャンピングカーは買えないけど自家用車として、車中泊出来る車が欲しい方に需要が高まっているのがフリードスパイク、フリードプラスです。

フリードスパイクやフリードプラスが車中泊車として衆目を集める理由は、2列シート構造でワンタッチで後部座席を完全にフラットにでき車内スペースを広く確保できるからです。

ファミリーカーとしても人気なフリードは大き過ぎないワンボックスカーで、運転慣れしていない家族が運転しても安心です。

車中泊界隈で密かに人気を誇るフリードスパイク。

今回は高速道路での燃費を紹介します。

スポンサーリンク

年式・モデル

我が家のフリードスパイクは2012年式のハイブリッドモデルです。

一般道での平均燃費

自宅は郊外ですが、交通量が多い地域です。

一般道での平均燃費は15km/lを中心に季節により上がり下がりします

 

高速道路での燃費

計測した区間 : 東京-名古屋

道路 : 東名高速道路新東名高速道路

計測条件①

ecoモードONの状態

時速80-90km

この条件で走行した場合の燃費は

22km/lでした。

実家に帰省する際に、のんびり帰ろうと言うときは大体これぐらいの平均燃費なので誤差は少ないと思います。

ちなみに一度、燃費を良くする為だけに殆ど80kmで走行した時の燃費は24km/lぐらいでした。

計測条件②

ecoモードONの状態

時速100-110km(区間ごとの法定速度は遵守)

この条件で走行した場合の燃費は

18.5km/lでした。

やはり速度を出せば出すほど風の抵抗が大きくなるので燃費は悪くなります。

その代わりに20~30分ほど早く目的地に着けます。

ガソリン代の差

東京-名古屋間は約300kmなので

時速80-90km走行の場合は約13Lのガソリンを消費

時速100-110km走行の場合は約16Lのガソリンを消費

ガソリン140円/lとして300kmで420円ほど差が出ます。

 

低燃費を意識して420円お得に走るか

多少の燃費を犠牲に2~30分早く辿り着くか

ご自身で選んで走って下さい♪

 

以上、我が家の愛車フリードスパイクハイブリッドモデルの高速道路での燃費比較でした。

 

タイトルとURLをコピーしました